ノーベル生理学・医学賞受賞学者大村智博士の特別講演会

ノーベル生理学・医学賞受賞学者大村智博士の特別講演会を開催します。

講演会ポスター

演題

「私の半生と社会貢献」

開催日時

平成29年7月30日(日曜日)
午前11時から午後0時30分(開場10時)

開催場所

阿久根市民会館大ホール(入場無料)

大村智博士について

大村智博士の写真

昭和10年山梨県韮崎市生まれ。微生物の生産する有用な新規天然有機化合物の発見を目指して独創的な研究を推進し、約500種類の化合物を発見。それらのうち、26種が医薬、動物薬、生化学研究用試薬、農業用薬剤として広く使われ、感染症の治療・撲滅、生命現象の解明などに貢献しています。特に、抗寄生虫薬イベルメクチンは熱帯病のオンコセルカ症およびリンパ系フィラリア症のほか、糞線虫症、疥癬の予防・治療薬などとして年間約3億人に使われており、2015年文化勲章およびノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

この情報の問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 文化係
電話:0996-72-1051

2017年6月28日更新

カテゴリ
メニュー