残さず食べよう30・10(さんまる・いちまる)運動

まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」は、全国で年間に500万~800万トンもあると言われています。その大半は、ごみとして排出されています。まだ食べられる食品が本来の食事に利用されることにより阿久根市のごみが減ることになります。

そこで、市では平成28年度から「残さず食べよう!30・10(さんまる・いちまる)運動」に取り組み、食品ロス削減を推進し、さらなるごみの減量化に努めます。

具体的な取り組み

事業所、団体等の宴会開催時には、宴会開始前と宴会終了10分前に次のアナウンスをしていただくようご協力をお願いします。

宴会開始前

「ここで、ご出席の皆さまに市が提唱しております『残さず食べよう30・10(さんまる・いちまる)運動』について案内いたします。30・10運動とは、宴会時における食べ残しを減らす運動です。乾杯の後の30分とお開き前の10分間は自分の席について料理を楽しみ、『もったいない』を心がけ、食品ロス削減の取り組みにご協力ください。」

宴会終了10分前

「皆様にお知らせします。間もなくお開きの時間となりますので、今一度、自分の席に戻り料理をお楽しみください。」

ポスター掲示にご協力をお願いします

残さず食べよう30・10(さんまる・いちまる)運動ポスター

30・10運動を実施するにあたり、鶴翔高校の生徒さんが「阿久根市は食のまち。食材も豊富で、おいしい阿久根市の特産品や加工品を残さずに食べましょう!」と趣旨に賛同してくださり、農業科学科の生徒さんが生産者の立場になってすばらしいポスターを制作してくれました。ポスターには市の特産品である「ボンタン」「海産物」「農産物」が描かれています。「食、命、人に感謝。」の言葉のとおり、この運動を成功させましょう。

ポスターを掲示する場合は、以下のファイルをお使いください。

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。

この情報の問い合わせ先

市民環境課 環境対策係
電話:0996-73-1219
ファックス:0996-72-0619

2016年10月18日更新

カテゴリ
メニュー