出水圏域CKD(慢性腎臓病)予防ネットワーク

出水圏域(阿久根市・出水市・長島町)では、CKD(慢性腎臓病)の重症化を予防するネットワークが始まりました。

CKDをご存じですか?

CKDは、自覚症状がほとんどなく、末期になるまで自分で気づくことがない怖い病気です。全国にCKDの患者数は、約1,330万人(成人の8人に1人)と推測され、「新たな国民病」ともいわれています。

CKDとは

腎臓の働きが健康な人の60%未満に低下するか、あるいは、たんぱく尿が出るといった腎臓の異常が続く状態をいいます。

CKDの定義

次のいずれか、または両方が3カ月以上持続した状態のことをいいます。

  • 尿異常、画像診断、血液、病理で腎障がいの存在が明らかである。
  • 腎臓の動き(GFR※)が60未満に低下している。

※GFR:糸球体ろ過量といい、腎臓の機能を表す指標です。

CKDが進行すると

初期は自覚症状がほとんどなく、どんどん進行します。夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れ、腎不全になり、透析治療が一生涯必要になることもあります。また、心筋梗塞や脳卒中などの生命に関わる病気の危険が3倍になります。

腎臓を守るためには

腎臓の機能を調べるためには、まず、健康診断を受けましょう。もし、腎臓の機能に異常が見つかったら出水圏域CKD予防ネットワークを活用して適切な治療を早期に受けましょう。

出水圏域CKD予防ネットワークについて

市が実施した特定健診などで腎臓の異常が発見されたかたを受診勧奨し、受診されたかたをかかりつけ医と腎臓診療医が連携して診療し、CKDの早期発見、重症化予防を図る体制をいいます。

医療機関の皆さまへ

出水圏域CKD予防ネットワークの様式などは次のとおりです。ダウンロードしてお使いください。

この情報の問い合わせ先

健康増進課 保健予防係
電話:0996-73-1228

2017年8月25日更新

カテゴリ
メニュー