医療費控除の特例(スイッチOTC薬控除)

スイッチOTC(=Over The Counter)薬控除とは、医療費控除の特例であり、健康の維持増進および疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みをおこなう個人が、平成29年1月1日以降に一定のスイッチOTC医薬品を購入した場合、申告によりその購入代金の一部について所得からの控除が受けられるもので、セルフメディケーション税制とも言われています。

この特例による新制度は、平成30年度(平成29年分)の申告から適用開始となります。

スイッチOTC医薬品とは

医師の処方が必要だった医療用医薬品から転用された、薬局などで購入できる一部の医薬品のことをいいます。具体的な品目名は、以下のリンク(厚生労働省のホームページ)の「2 セルフメディケーション税制対象品目一覧」をご覧ください。

厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

対象者

対象者は以下のいずれかを受けている人です。なお、これらの検診などを受けたことを明らかにする書類の提出または提示が必要になります。

  • 特定健康診査(メタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査(人間ドックなど)
  • がん検診

控除対象額

自己または自己と生計を一にする配偶者、そのほかの親族に係るスイッチOTC医薬品の購入金額が、合計で1万2千円を超える額が対象です。ただし、その金額が8万8千円を超える場合は、8万8千円が上限となります。

  • ※スイッチOTC医薬品の購入金額がわかる領収書の提出または提示が必要になります。
  • ※対象者欄に列記した検診などにかかった費用については対象になりません。

対象期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に購入したスイッチOTC医薬品が対象となります。

控除の適用を受けるための手続き

スイッチOTC薬控除の適用を受けるには、確定申告書または市県民税申告書の提出が必要です。なお、申告には以下の書類の添付・提示が必要になります。

  • 商品名、金額、当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、販売店名、購入日が明記されているレシート・領収書
  • その年中に健康の保持増進および疾病の予防への取り組み(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診)をおこなったことを明らかにする書類

注意点

従来の医療費控除とスイッチOTC薬控除を併用して適用はできません。制度の詳しい内容については、厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

この情報の問い合わせ先

税務課 課税係
電話:0996-73-1203

2017年3月28日更新

カテゴリ
メニュー