平成29年度阿久根市職員採用試験

平成30年度採用予定の阿久根市職員採用試験を次のとおり実施します。

1.試験職種、採用予定人員および受験資格

  1. 職種別受験資格
    受験資格については、採用時において阿久根市内に居住できる者で、受験資格欄に定めてある全ての要件を満たさなければなりません。
    試験区分 職種 採用予定人員 受験資格
    行政職 一般事務 若干名 昭和63年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた者で、学校教育法に基づく高等学校(同等資格を含む。)を卒業した者または平成30年3月までに卒業見込みの者
    一般事務
    (保健師)
    若干名
    • 昭和63年4月2日以降に生まれた者
    • 採用時において、保健師の免許を有する者または取得見込みの者
    一般事務
    (管理栄養士)
    若干名
    • 昭和58年4月2日以降に生まれた者
    • 採用時において、管理栄養士の免許を有する者または取得見込みの者
    土木 若干名
    • 昭和58年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた者
    • 土木技術の専門課程を修了した者または履修見込みの者
    消防職 消防職 若干名 平成4年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた者で、学校教育法に基づく高等学校(同等資格を含む)を卒業した者または平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 採用試験の申し込みは、1人につき1職種のみで、2つ以上の職種に重複しての申し込みはできません。また、受付期間終了後の試験職種の変更はできません。
  3. 職員の採用に当たっては、障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)の趣旨を踏まえて試験を実施しています。障害者手帳の交付を受け、障がいの程度が1級から6級までに相当する方は、受験申込書提出の際、障害者手帳を持参し受付で提示してください。
  4. 前記の受験資格にかかわらず、次のいずれかに該当する者は、受験できません。
    • 日本国籍を有しない者
    • 成年被後見人または被保佐人(民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)の規定により従前の例によることとされる準禁治産者を含む。)
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの者
    • 阿久根市職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過していない者
    • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者

2.試験の方法および内容

試験は、第1次試験および第2次試験とし、第2次試験は、第1次試験の合格者についてのみおこないます。

試験区分 試験の内容
第1次試験 教養試験
(全職種共通)
高等学校卒業程度の社会、人文および自然に関する一般知識ならびに文章理解、判断推理、数的推理および資料解釈に関する一般知能について筆記試験をおこないます。
事務適性検査
(消防職を除く全職種共通)
職員としての適応性を、正確さ・迅速さ等の作業能力の面から調べる検査をおこないます。
消防適性検査
(消防職のみ)
消防職員としての適応性を、性格的な面から調べる検査をおこないます。
職場適応性検査
(消防職を除く全職種共通)
職業生活への適応性について、職務への対応や対人関係に関連する性格傾向の面から調べる検査をおこないます。
作文試験
(一般事務・一般事務(保健師)・一般事務(管理栄養士)のみ)
与えられたテーマについて文章による表現力、課題に対する理解力、考え方、その他の能力をみるため、一定の時間内での記述式による筆記試験をおこないます。
専門試験
(土木)
数学・物理・情報技術基礎、土木基礎力学、土木構造設計、測量、社会基盤工学および土木施工について筆記試験をおこないます。
体力試験
(消防職のみ)
消防職員としての必要な体力を有するかどうかについて実技により体力試験をおこないます。
第2次試験 面接試験
(全職種共通)
人物について、個別面接(2回)によりおこないます。
身体検査
(消防職のみ)
職務遂行に必要な身体等を有するかどうかについて検査をおこないます。
  • ※一定の基準に達しない試験種目等がある場合は、不合格となります。
  • ※第1次試験合格者は「教養試験」「事務適性検査」「消防適性検査」「専門試験」「体力試験」の成績によって決定します。
  • ※「作文試験」は、第1次試験合格者のみを対象に評定し、第2次試験の成績と総合して、最終合格者を決定します。
  • ※「職場適応性検査」は、第2次試験における面接試験の参考とするためにおこないます。
  • ※第1次試験において「作文試験」および「職場適応性検査」を受験しなかった場合は、試験を棄権したものとみなします。
  • ※第2次試験の面接試験の個別面接は、同日中に2回おこないます。

3.試験の日時、場所および合否の通知

第1次試験

日時

平成29年10月15日(日曜日)
受付:午前8時00分~午前8時30分
全日程終了予定:午後3時30分頃

場所

阿久根市役所2階会議室

合否の通知

平成29年11月上旬までに受験者全員に文書で通知します。

第2次試験

日時

平成29年11月下旬

場所

第1次試験合格者に通知します。

合否の通知

平成29年12月上旬までに第2次試験受験者全員に文書で通知します。

4.受験申込書の請求

阿久根市役所 総務課 職員係
〒899-1696 鹿児島県阿久根市鶴見町200番地
電話:[直通]0996-73-1212
   [代表]0996-73-1211(内線1215、1216)

5.申し込み手続き、受付期間等

  1. 受験申込書に必要な事項を記入し、次の書類とともに阿久根市役所総務課職員係(2階)に提出し、受験票の交付を受けてください。
    • 最終学歴の卒業証明書又は卒業見込証明書 1通(開封無効)
    • 最終学歴の成績証明書 1通(開封無効)
    • 写真(最近3カ月以内に撮影した上半身脱帽正面向き、縦5センチメートル・横3.5センチメートル) 2枚(受験申込書と受験票に各1枚必要)
    • 一般事務(保健師)を受験される方は、保健師の免許証の写し(取得見込みの方を除く)
    • 一般事務(管理栄養士)を受験される方は、管理栄養士の免許証の写し(取得見込みの方を除く)
    • 土木を受験される方は、土木技術に関する専門課程の修了を証明する書類の写し(履修見込みの方を除く)
  2. 郵便で申し込む時は、封筒の表に「受験申込書在中」と朱書きし、必ず特定記録郵便で送付してください。また、受験票返送のための宛先を明記した長形3号封筒(23.5センチメートル×12センチメートル、82円切手を貼ったもの)を同封してください。
  3. 受付期間および受付時間は、次のとおりです。
    • 受付期間:平成29年8月14日(月曜日)~平成29年9月19日(火曜日)(土曜日、日曜日および休日を除く。)
    • 受付時間:午前8時30分~午後5時15分
    • ※郵送の場合は、平成29年9月19日(火曜日)までの消印のあるものを有効とします。
  4. その他
    • 試験当日は、受験票を必ず持参の上、受付終了時間までに着席できるよう余裕をもってお越しください。
    • 提出いただいた書類は、返却しませんのでご了承ください。なお、受験申込書等に記入された情報は、本市職員採用試験に関わる事項のみに使用します。
    • 第1次試験の試験会場における冷房温度は、着席位置によっては差異が生じる場合もありますので、温度調節できる服装でお越しください。
    • 台風等の悪天候などの場合で、試験の実施に変更が予想される場合には、阿久根市ホームページで確認されるか、直接お問い合わせください。
    • 受験申込者数の状況などの問い合わせには、一切応じませんのでご了承ください。

6.合格から採用まで

  1. 最終合格者は、採用候補者名簿に高得点順に登載し、必要に応じて採用します。この名簿の有効期限は、名簿確定の日から原則として1年です。最終合格者の数は、採用辞退見込数等を基礎として決定しますので、合格しても採用にならない場合があります。
  2. 受験資格に定める期限までに卒業できなかった場合および必要な資格を取得できなかった場合または受験申込記載事項を偽って記載したことが判明した場合は、合格および採用を取り消すものとします。
  3. 職務経験のある方については、職歴証明書等の提出をしていただきます。

7.給与および勤務条件

  1. 給与については、「阿久根市職員の給与に関する条例」の規定により、給料並びに住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末手当及び勤勉手当等が支給されます(参考:平成29年4月1日現在の高卒初任給は、146,100円となっており、職務経験等のある方の場合は、この額に一定の基準で加算されることがあります。なお、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間は、条例の規定により給料が1%減額されています。)。
  2. 勤務時間その他の勤務条件は、阿久根市の関係条例等の規定によります。

この情報の問い合わせ先

総務課 職員係
電話:[直通]0996-73-1212
   [代表]0996-73-1211(内線1215、1216)

2017年7月31日更新

カテゴリ
メニュー