市庁舎の再生可能エネルギー施設導入効果について

市では平成27年度に庁舎に太陽光パネル・太陽光発電蓄電池を設置し、環境への負荷の低減や省資源、経費削減に取り組んでいます。その効果は次のとおりです。

再生可能エネルギー施設導入効果
消費電力量
(MWh)
買電力量
(MWh)
節電料金額
(円)
CO2削減量
(kg)
平成28年4月 8.5 6.5 36,000 844.7
5月 8.8 6.5 31,000 1,020.6
6月 9.3 7.5 22,000 725.1
7月 9.4 6.8 45,000 1,147.8
8月 9.5 6.8 40,000 1,288.8
9月 9.0 6.6 88,000 910.9
10月 8.5 6.8 22,000 717.3
11月 8.4 6.6 23,000 754.3
12月 8.5 6.8 20,000 660.4
平成29年1月 8.7 7 21,000 687.7
2月 8.8 6.9 25,000 796.6
3月 10.1 7.9 39,000 929.6
4月 9.3 7 31,000 1005.8
累計 116.8 89.7 443,000 11,489.6

用語の解説

  • 月:対象月
  • 消費電力量(MWh):対象月の消費電力量
  • 買電力量(MWh):九州電力より購入した電力量
  • 節電料金額(円):再生可能エネルギー施設導入による節電料金額
  • CO2削減量(kg):再生可能エネルギー施設導入によるCO2削減量

参考資料

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無料)が必要です。

この情報の問い合わせ先

総務課 職員係
電話:0996-73-1212

2017年6月6日更新

カテゴリ
メニュー