更新日:2017年11月1日

山田楽

山田楽(やまだがく)は古くから脇本地区に残る郷土芸能です。関ヶ原の合戦の勇将で出水の地頭だった山田昌巌が、出征から凱旋までを盛り込んだ踊りとして考えたものといわれています。鉦(かね)、大太鼓、小太鼓、妙八(めはち)からなり、掛け声を掛けながら飛び跳ねて踊ります。現在は、脇本小学校、三笠中学校と古里集落、瀬之浦集落などで保存会をつくり伝承しています。

この情報の問い合わせ先

担当 生涯学習課 文化係
電話 0996‐72‐1051
FAX 0996‐72‐3688