更新日:2017年11月1日

高齢者の予防接種について

予防接種には、定期接種(A類・B類)と任意接種があります。このうち、定期予防接種(B類)は法律上の義務はなく、個人の意思で受けるものです。

定期予防接種(B類)

季節性インフルエンザ(高齢者)

ワクチンの種類 不活化ワクチン
予診票送付・配布時期 10月広報配布で配布します。

肺炎球菌感染症(高齢者)

ワクチンの種類 不活化ワクチン
予診票送付・配布時期 4月広報配布で配布します。

健康被害救済制度

予防接種法に基づき予防接種を受けた人が疾病にかかり、障がいの状態となり、または死亡した場合において、当該疾病、障がいまたは死亡が当該予防接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは救済いたします。気になる症状が発生したときは、医療機関を受診し、健康増進課保健予防係へご連絡ください。

関連情報

この情報の問い合わせ先

担当 健康増進課 保健予防係
電話 0996‐73‐1228
FAX 0996‐73‐0297