更新日:2017年11月1日

子どもの予防接種の受け方

1.市から予診票が届いたら

予防接種を受ける時期が近づいたら市から予診票などが送付、または健診の際に配布されます。届いたら同封の説明書をよく読んでください。

2.受ける予防接種を決めましょう

各予防接種には、対象年齢や接種間隔が定められていますので注意しましょう。詳しくは各予防接種のページをご確認ください。予防接種を受けてから、生ワクチンは27日、不活化ワクチンは6日の間隔を空けなければなりません。

3.接種する医療機関を決め、予約しましょう

希望する医療機関を決めたら約10日前には予約しましょう。受けられる医療機関は予防接種ごとに決まっています。通知文の裏面、または各予防接種のページをご確認ください。

4.予防接種を受けましょう

出かける前にもう一度、お子さんの体調を確認してください。また、母子健康手帳、予診票、保険証は忘れずに持ちましょう。予診票がなければ予防接種は受けられません。なくした場合は再発行しますので、母子健康手帳をもって保健予防係までお越しください。最近かかった病気や心配な体質(アレルギー体質・慢性疾患)、気になることがあれば接種前に相談しましょう。

5.副反応に注意しましょう

ワクチンによって副反応(接種部位の腫れや熱など)は異なります。接種後はしっかり様子を見ましょう。当日の入浴は可能ですが、接種箇所をこすらないようにしましょう。また、激しい運動は避けましょう。まれにひどい腫れや高熱が出ることがあります。そのときは速やかにかかりつけ医の診察を受けてください。

この情報の問い合わせ先

担当 健康増進課 保健予防係
電話 0996‐73‐1228
FAX 0996‐73‐0297