更新日:2019年6月13日

警戒レベルを用いた避難勧告などの発令

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります(5段階の警戒レベルを用いた避難情報が発令されます)

平成30年7月豪雨では、さまざまな防災情報が発信されたものの、内容が多岐にわたり、かつわかりにくいとの意見もあり、多くの住民の皆さんが活用できない状況でした。

これを踏まえ、防災情報と市民の皆さんがとるべき行動をわかりやすく伝えるため、内閣府において「避難勧告に関するガイドライン」の改定がおこなわれ、5段階の警戒レベルを用いて避難情報などを発表することとなりました。

お住まいの地域に「警戒レベル3」(避難準備・高齢者等避難開始)や「警戒レベル4」(避難勧告・避難指示(緊急))が発令された場合は、地域の皆さんで声をかけあって、速やかに避難行動をとりましょう。

警戒レベル別の避難情報

※注:表が画面幅を超えている場合は、表を左右にスライドしてください。

警戒レベル 住民がとるべき行動 住民への防災情報
レベル5
  • 既に災害が発生している状況です。
  • 命を守るための最善の行動を取りましょう。
災害発生情報
(市町村が発令)
レベル4
  • 災害が発生するおそれが極めて高くなっている状況です。
  • 速やかに避難をしましょう。
  • 外に出ることが危険だと思われるときは、近くの頑丈な建物や自宅内のより安全な場所に移動しましょう。
  • 避難指示(緊急)
  • 避難勧告
(市町村が発令)
レベル3
  • 高齢者などの避難に時間を要する人は避難しましょう。
  • その他の人は、避難の準備をしましょう。
避難準備・高齢者等避難開始
(市町村が発令)
レベル2 避難経路や避難場所など、避難に備え自らの避難行動を確認しましょう。
  • 大雨注意報
  • 洪水注意報 など
(気象庁が発表)
レベル1 防災気象情報などの最新情報に注意し、災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報
(気象庁が発表)

※注:各種の情報は、警戒レベル1~5の順序で発表されるとは限りません。

次のような内容で避難行動を呼びかけます

こちらは、防災阿久根市役所です。
○○地区に土砂災害に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。
土砂災害の危険性が高まっています。
○○地区にお住まいのかたは、速やかに全員避難を開始してください。
避難場所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難してください。

地域の危険箇所を確認しましょう

避難勧告などが発令されても、地域に関係のない災害の場合は、家の中にとどまっているほうが安全な場合があります。
地域でどのような災害の危険性があるか、十分に理解しましょう。

どこに避難するか決めておきましょう

市が指定する避難場所に避難するほか、危険区域外の知人・友人宅や、区や自主防災組織などであらかじめ決めている安全な場所に行くことも「避難」です。
さらに、外に出ることがかえって危険と判断されたら、家の中の2階以上や崖地から離れた場所など、屋内でも「避難」する必要があります。

関連情報

内閣府 防災情報のページ「避難勧告等に関するガイドラインの改定」(外部サイト)

この情報の問い合わせ先

担当 総務課 危機管理係
電話 0996‐73‐1210
FAX 0996‐72‐2029