更新日:2017年11月1日

架空請求

架空請求とは

根拠のない架空の事柄をもとにお金を請求してくる特殊詐欺の一つです。

架空請求の事例

  • 以前購入したことのある健康食品の未払い
  • アダルトサイトなどのサイト利用料
  • 請求内容についての記載はないが未払いがある。

以前は、はがきや封書による請求がほとんどでしたが、最近では携帯電話やパソコンのメールによるものが増加しています。

架空請求の書面には、請求の根拠となる具体的内容(業者名、サイト名、商品名、料金など)の記載はなく、「このまま放置すると裁判になる」と不安をあおり、「詳細については、記載してある電話番号に電話するように」と書かれています。

不安になり電話をかけたりメールを返信したりすると、住所、氏名、電話番号などの個人情報を強引に聞き出され、その後しつこく支払を要求してきます。実際に訴訟を起こされたという事例もあります。

対処法

電話やメールの返信などは絶対にせず放置することです。架空請求かどうかの判断ができない場合は、消費生活センターにはがきや封書、メール内容をお持ちになり相談してください。

この情報の問い合わせ先

担当 阿久根市消費生活センター(商工観光課内)
電話 0996‐73‐1211(内線1112)
FAX 0996‐72‐2029