更新日:2017年11月1日

かたり商法(身分詐称)

かたり商法とは

身分を偽って詐称することで消費者を信用させ、商品や役務の契約をさせる商法です。

かたり商法の事例

  • 消防職員を名乗って「消火器が期限切れ」と嘘を言い、高額な値段で消火器を売りつける。
  • 大手電話会社を名乗って光回線や電話契約を締結させる。
  • 市役所職員を名乗って保険や税金の還付金があると言い、お金をだましとる。
  • 市役所などの公的機関を名乗りアンケートと称して聞き出した個人情報を使って、悪質な業者が送り付け商法やうそ電話詐欺などに利用する。

だまされないために

  • 身分証の提示を求めて確認する(身分証の提示を拒む者は限りなく怪しいです)。
  • 実際の公的機関などに確認する。

公的機関などが電話を使って個人情報を聞くことはありませんので安易に答えないようにしましょう。不審な電話があったときは相手にせず「答える義務はありません」と断りましょう。

この情報の問い合わせ先

担当 阿久根市消費生活センター(商工観光課内)
電話 0996‐73‐1211(内線1112)
FAX 0996‐72‐2029