更新日:2017年11月1日

スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)

スイッチOTC薬控除は医療費控除の特例です。健康の維持増進や疾病予防に取り組む人がスイッチOTC医薬品を購入した場合、申告により購入代金の一部の所得控除が受けられる制度です。セルフメディケーション税制ともいいます。この制度は平成30年度の申告(平成29年1月1日以降購入分)から適用されます。

対象者

対象者は次の検診などのうちいずれかを受けた人です。これらを受けたことが分かる書類の提出または提示が必要です。

  • 特定健康診査(メタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査(人間ドックなど)
  • がん検診

控除対象額

スイッチOTC医薬品の購入金額が分かる領収書の提出または提示が必要です。前述の「対象者」で示した検診などに掛かる費用は対象になりません。

スイッチOTC薬控除の要件と控除額
要件 本人または同一生計の配偶者、そのほかの親族が購入したスイッチOTC医薬品の購入金額の合計が12,000円を超える場合
控除額 支払った額
※注:限度額88,000円

対象期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までに購入したもの

控除を受けるための手続き

スイッチOTC薬控除を受ける場合は、確定申告書または市県民税申告書を提出してください。申告には次の書類の添付または提示が必要です。

  • 商品名、金額、当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、販売店名、購入日が記されたレシートや領収書
  • その年に特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診を受けたことが分かる書類

留意事項

従来の医療費控除とスイッチOTC薬控除は併用できません。詳しくは厚生労働省ホームページ「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」をご確認ください。

この情報の問い合わせ先

担当 税務課 課税係
電話 0996‐73‐1203
FAX 0996‐72‐2029