更新日:2018年4月9日

平成30年第1回定例会の動画

2月26日(月曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 諸般の報告
第4 施政方針
第5 議案第1号 平成29年度阿久根市一般会計補正予算(第6号)
第6 議案第2号 平成29年度阿久根市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
第7 議案第3号 平成29年度阿久根市簡易水道特別会計補正予算(第2号)
第8 議案第4号 平成29年度阿久根市交通災害共済特別会計補正予算(第1号)
第9 議案第5号 平成29年度阿久根市介護保険特別会計補正予算(第4号)
第10 議案第6号 平成29年度阿久根市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
第11 議案第7号 平成29年度阿久根市水道事業会計補正予算(第1号)
第12 議案第8号 人権擁護委員の候補者の推薦について
第13 議案第9号 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第14 議案第10号 一般職に属する職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第15 議案第11号 阿久根市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について
第16 議案第12号 阿久根市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第17 議案第13号 阿久根市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について
第18 議案第14号 阿久根市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
第19 議案第15号 阿久根市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
第20 議案第16号 阿久根市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第21 議案第17号 阿久根市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
第22 議案第18号 阿久根市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例の制定について
第23 議案第19号 阿久根市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第24 議案第20号 阿久根市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第25 議案第21号 阿久根市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について
第26 議案第22号 阿久根市簡易水道事業の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

2月27日(火曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 議案第23号 平成30年度阿久根市一般会計予算
第2 議案第24号 平成30年度阿久根市国民健康保険特別会計予算
第3 議案第25号 平成30年度阿久根市簡易水道特別会計予算
第4 議案第26号 平成30年度阿久根市交通災害共済特別会計予算
第5 議案第27号 平成30年度阿久根市介護保険特別会計予算
第6 議案第28号 平成30年度阿久根市後期高齢者医療特別会計予算
第7 議案第29号 平成30年度阿久根市水道事業会計予算
第8 議案第30号 放射性廃棄物の持ち込み拒否に関する条例の制定について
第9 陳情第1号 土地の購入に関する陳情書

3月6日(火曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 一般質問

一般質問

渡辺久治議員

発言事項 要旨
広域行政についての現状と展望
  1. 阿久根市・出水市・長島町が共同で取り組んでいる行政事務について、システム・協議会等はどのようなものがあるか。それらのこれまでの経緯を伺いたい。
  2. 平成の大合併により、旧出水市・旧高尾野町・旧野田町が現在の出水市となり、旧東町・旧長島町が現在の長島町となった。阿久根は取り残された形になったわけであるが、当時の経緯を時系列に伺いたい。
  3. 最近の西回りに代表される道路インフラや情報インフラの急速な発展により、北薩地域はどんどん感覚的に狭くなっている。行政の区分がこの地域の発展を阻害することにならないだろうか。将来のこの地域(旧出水郡内)のあり方、将来の大合併の可能性について、所見を伺いたい。
防災無線の有効な活用について
  1. 放送する内容の優先順位・重要度はどこで誰が判断しているのか。
  2. 市報などとの情報の整合性をどのように考えるか。
  3. 市長の思い等を直接市民に伝えるために、防災無線を利用する考えはないか。
レジ袋の削減について
  1. 持続可能な地球環境の存続に関して、レジ袋の削減は地味であるが、自治体が確実に努力し成果を達成し得る分野である。今現在、全国の自治体の取組状況はどうなっているか。
  2. 周りの自治体に先駆けて、阿久根でもこのことに取り組んでみる考えはないか。
YouTubeで動画を見る(渡辺久治議員の一般質問)

濵田洋一議員

発言事項 要旨
水産業振興について
  1. 基幹産業である水産業の将来に向けて本市の構想をどのように見据えているか。
  2. 過去3年間における水揚げ量、金額及び漁船数はどのような状況か。
  3. 水産業活性化事業として実施している魚類の鮮度保持に必要な氷代としての補助は、漁業者にとって非常に効果があると考えるが、これまでの経過と今後の取り組みについて伺いたい。
  4. 漁業後継者就業支援事業は、新たに漁業に就業する担い手を確保するための効果的な事業として、平成28年度から取り組まれているが、これまでの経過と今後の課題について改めて伺いたい。
  5. 本市の漁家・仲買業者、北さつま漁協と行政が一体となって魚価価格の向上や6次産業化などを守り育て、課題解決に向けて連携を図り「魅力ある魚のまち阿久根」を広く情報発信するためにどのように考えているか。
観光政策について
  1. 本市の「食」と「自然」、「歴史資源」を生かしたまちづくりを今後どのように進めていくのか。
  2. 民泊・体験推進事業は、これまで具体的にどのような取り組みがなされたのか。
  3. 物産品の販路拡大及び商談会におけるこれまでの経過と出展業者への支援等について伺いたい。
  4. 映画RAILWAYSシリーズ新作「かぞくいろ」が、阿久根市、肥薩おれんじ鉄道を中心にロケがあり、今年の秋頃に全国公開予定である。この映画を本市における地域活性化のチャンスと捉え、今からどのように取り組み、企画していくか伺いたい。
空き家対策等について
  1. 平成28年度に実施した空家実態調査の結果をもとに、空き家の所在・所有者・管理者に関する情報やその状況等をデータとして取りまとめ、庁内のシステムへ取り込み、関係課において情報共有を行っている。また、調査した利用可能な空き家に関する情報を集約し提供するための空き家バンク設置等への活用も図っていきたいとのことであったが、空き家バンクの設置も含め、その後どのような状況か。
  2. 調査結果の中で倒壊や倒壊の恐れがある危険な空き家が326戸存在するとのことであったが、そのうち危険空家解体事業等を活用したもの、また、そのほか既に解体してある空き家等合わせて現在どのような状況であるのか。
YouTubeで動画を見る(濵田洋一議員の一般質問)

野畑直議員

発言事項 要旨
市が保有する数値化された地籍図の積極的活用について
  1. 現在どのように活用されているか。
  2. 数値化された地籍図は、航空写真と重ねて利用すると非常に見やすく分かりやすいと思われる。この方法で一般市民や企業等にも活用すべきと考える。積極的活用について伺いたい。
根比海岸の浸食状況について
  1. 以前質問してから数年過ぎた。県のほうで県道の流末水路に当たる箇所を部分的に護岸工事されたが、依然としてかなり浸食されている。県で浸食状況を定期的に測量しているようであるが、市として経過をどのように捉えているか。測量の成果を毎年チェックされているか。
  2. 背後地は農地で一部を除きほとんど耕作されていないが、市として土地の保全についてどのような対応をすべきと考えているか。
市職員採用の基本的考え方と近年の採用状況について
  1. 計画的な職員採用は、市行政を円滑に推進していく上で最も重要な課題である。職員採用に当たっての基本的な考え方を伺いたい。
  2. 平成29年度の職員採用において、1次募集で3人、2次募集で7人の合計10人に合格通知を出したようだが、うち2次募集で合格した2人が採用辞退したと聞いている。業務の執行に影響はないのか。
  3. 他のある自治体では、平成30年度職員採用において、前年度に前倒しして職員募集しているようである。阿久根市ではこれまで9月に実施していたが10月に延期した。その理由を伺いたい。
  4. 平成30年度の採用予定の合格者数は何名か。
公園の管理について
  1. 市民の憩いの場として市内各地に公園が設置されている。指定管理者に委託している公園を除いたほかの市が管理する公園の箇所数は幾らか。
  2. 植栽して樹木が大きくなり枝が電線や電話線に絡んで危険な状態の公園がある。管理者としてどのような対応をしているか。
  3. 阿久根市ではここ数年台風の被害は少ないようであるが、都市公園は住宅の近くにあり、住民から伐採してもらいたいとの要望もある。大がかりな作業とならないうちに枝打ちをする必要があると考えるがいかがか。
YouTubeで動画を見る(野畑直議員の一般質問)

竹原信一議員

発言事項 要旨
市長の賠償責任について
  1. 執行に対する市長個人の賠償責任を理解しているか。その準備は出来ているか。
  2. 議員も職員も各種委員も市政運営に対し賠償責任を負わないのを分かっているか。
  3. 議会の議決や「職員に検討を指示した」等は市長個人の賠償責任を逃れる理由にならないと知っているか。
  4. 正規職員は基本的に賠償責任がないのに「非正規とは責任が違う」とは何か。
職員の責任能力について
  1. 市有財産の管理保全が必要に届いてないのを見ているか。
  2. 理解不能な児童手当通知の文面修正について、指摘されてから修正に何カ月かかったか。
  3. 正規と非正規の大きな給与格差は職務内容、能力、個人的リスクおよび成果に見合っているか。
  4. いかくら阿久根への対応について
阿久根市独自の給与削減について
  1. 2期の市長任期間での職員採用数(見込みを含む)は。
  2. ラスパイレス指数は給与(年額)の指標ではないと知っているか。
    以下、請求資料を確認の上で市長の答弁を求める。
    • 平成27、28年度の給与総額と給料総額およびラスパイレス指数
    • 平成27、28年度の正規職員給与100万円間隔の各人数とそれぞれの平均給与額、これらの表とその棒グラフ。
  3. 12月議会での市長答弁中、正規職員と非正規の通勤手当に差があるのを知った上で「実費弁償の観点からは変わらない」と発言したのか。市長発言の訂正はなかったが、矛盾をどのように説明するか。
  4. 「正規職員給与の高さではなく民間の低さが問題」という議員や職員の意見がある。これに同意するか。
  5. 西平市長は初期の公約に反し、正規職員のみの給与アップを続けてきた。問題ないという考えか。
YouTubeで動画を見る(竹原信一議員の一般質問)

山田勝議員

発言事項 要旨
国道389号の梶折鼻公園入り口前後の整備について 1月29日、県議会議員4名、県北薩地域振興局、都市建設課が一緒に現地調査を実施していただいた。その後の県と都市建設課との協議はどのようになっているか。
「道の駅あくね」について
  1. 新年度予算に新しい道の駅の事業費が計上されている。昨年の9月議会で市長の考え方はお聞きしたが、現在の道の駅も改築・リフォームの時期を迎えている。どのようにされるのか。
  2. 出入口の安全確保のため南側駐車場に国道からの出入り口をつくり、店の前の道路を閉鎖するため、市として陳情・要望はできないか。
防災行政無線の利用と危機管理について 1月11日、紫尾山にある民放4局のアンテナ塔への落雷が原因で、昼の12時30分ごろから民放のテレビが映らなくなり2時間40分後に復旧した。大雪でテレビを見ていた人も多く、故障かと思いテレビ販売店には電話がひっきりなしとのことだった。映っていたNHKテレビで知った販売店は、アンテナの故障かと思い屋根に登る人がけがでもしたら大変と、市役所に防災行政無線での放送を電話でお願いしたが、たらい回しで結局放送してもらえなかった。防災行政無線で市民に連絡できなかった理由は何か。
大川診療所の対応について 市長の所信表明と予算案にあらわれているが、経緯と理由の説明をしてほしい。
市内の外国人労働者の実態について
  1. 何人くらいの外国人が滞在しているか。滞在目的別に教えてほしい。
  2. 労働者不足で多くの業種で活躍してもらっているが、市はどのように把握しているか。
  3. 市が全体の人材を把握して、雇用しやすいようにできないか。
YouTubeで動画を見る(山田勝議員の一般質問)

3月7日(水曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 一般質問

一般質問

竹原恵美議員

発言事項 要旨
安定ヨウ素剤配布・備蓄について 県の対応が決まったが、市としての対応はどのように考えているか。市職員、消防職員、消防団員等有事の際に対応する者に対すて、安定ヨウ素剤を市で準備・備蓄する必要があるのではないか。また、希望する市民に対して配布は行うのか。
災害時に係る協定について 災害時に乳幼児のいる世帯にとって、乳幼児とその母親の保護は災害への対応に大きく影響する。また、災害時の対応を行う市職員、消防職員等にとっても同じである。保育園等の早期の開始や施設の開放は災害時に重要であるが、保育園・幼稚園等との協定を結ぶ考えはないか。
大川診療所の運営について 所信表明で黒字化を目指して当面運営を継続していくとあった。その結論に至った経緯はどのようなものか。黒字化を目指す運営とはどのようなものか、今までの運営とどう違うのか。
人口減少へ適応したまちづくりについて
  1. 近年、市有財産をふやす事業が多く行われてきた感がある。将来に大きな負担を負わせないよう計画は見通せているか。市有財産の売却、施設の統廃合、市道の管理見直しほか、人口減少に適応した事業を並行して着実に行う必要はないか。
  2. 「まちづくり」と逆に、集落の機能を維持できなくなった地域があった場合、どのような対応をするか。
YouTubeで動画を見る(竹原恵美議員の一般質問)

仮屋園一徳議員

発言事項 要旨
人口減少対策について
  1. 移住定住の促進策として、空き家を活用した住居の確保について
    • 使用可能な空き家で借りられる戸数を把握しているか。
    • 空き家を改修し低家賃で提供する考えはないか。
  2. 移住定住を図る上で、本市の魅力を発信させるとはどのようなことか。
未処理登記係の設置について
  1. 相続人が多く、活用できない土地等について市で専任の登記係を設け処理する考えはないか。
  2. 入会林野整備事業を推進する考えはないか。
YouTubeで動画を見る(仮屋園一徳議員の一般質問)

白石純一議員

発言事項 要旨
景観行政について 観光推進のため、また市民が街の景観に誇りを持てるよう、景観条例、ポイ捨て禁止条例等の制定、景観専門所管課の設置等、景観行政を積極的に推進する考えはないか。
肥薩おれんじ鉄道の市内駅の跨線橋について 観光振興、バリアフリー、災害時のリスク、維持補修、架け替え費用削減等の観点から、同社を支援し駅構内横断の平面化を進める考えはないか。
阿久根駅新ロータリー、駐車場について 送迎車、バス新規乗り入れによるロータリー混雑、駐車場不足の対策を講じるべきでは。
旧国民宿舎跡地公募について 事業者選定状況は。
ごみ収集・生ごみ堆肥化事業について 事故の再発防止、安全指導の徹底はなされているか。
鶴翔高校支援について 3年A組シリーズなどの食品加工・農業分野以外に新たな支援を検討する考えはないか。
YouTubeで動画を見る(白石純一議員の一般質問)

3月8日(木曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 議案第1号 平成29年度阿久根市一般会計補正予算(第6号)
第2 議案第2号 平成29年度阿久根市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
第3 議案第3号 平成29年度阿久根市簡易水道特別会計補正予算(第2号)
第4 議案第4号 平成29年度阿久根市交通災害共済特別会計補正予算(第1号)
第5 議案第5号 平成29年度阿久根市介護保険特別会計補正予算(第4号)
第6 議案第6号 平成29年度阿久根市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
第7 議案第7号 平成29年度阿久根市水道事業会計補正予算(第1号)

3月23日(金曜日)

日程番号 議案番号 付議事件
第1 議案第9号 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第2 議案第10号 一般職に属する職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第3 議案第12号 阿久根市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第4 議案第14号 阿久根市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
第5 議案第15号 阿久根市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
第6 議案第16号 阿久根市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第7 議案第17号 阿久根市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
第8 議案第18号 阿久根市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例の制定について
第9 議案第19号 阿久根市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第10 議案第20号 阿久根市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第11 議案第22号 阿久根市簡易水道事業の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第12 議案第23号 平成30年度阿久根市一般会計予算
第13 決議第1号 平成30年度阿久根市一般会計予算に対する附帯決議
第14 議案第24号 平成30年度阿久根市国民健康保険特別会計予算
第15 議案第25号 平成30年度阿久根市簡易水道特別会計予算
第16 議案第26号 平成30年度阿久根市交通災害共済特別会計予算
第17 議案第27号 平成30年度阿久根市介護保険特別会計予算
第18 議案第28号 平成30年度阿久根市後期高齢者医療特別会計予算
第19 議案第29号 平成30年度阿久根市水道事業会計予算
第20 議案第31号 教育長の任命について
第21 陳情第1号 土地の購入に関する陳情書
第22 議案第30号 放射性廃棄物の持ち込み拒否に関する条例の制定について閉会中の継続審査を求める件

この情報の問い合わせ先

担当 議会事務局 議事係
電話 0996‐72‐0815
FAX 0996‐72‐2029