更新日:2019年4月26日

改元に伴う元号による年度表示などの取り扱いについて

平成31年4月1日に、新元号を「令和」に改める政令が公布され、5月1日から施行されることとなりました。
改元に伴う、阿久根市における元号による年表示などについてお知らせします。

年表示の取り扱い

  • 4月30日までに市が作成する文書などは、5月以降の日付を表示する場合も含め、「平成」を使用します。
  • 5月1日以降に市が作成する文書などには、「令和」を使用します。

今年度の年度表示の取り扱い

  • 4月30日までに市が作成する文書などで年度を表示する場合は、「平成31年度」を使用します。
  • 5月1日以降に市が作成する文書などで年度を表示する場合は、「令和元年度」を使用します。

※注:ただし、コンピュータシステムから出力するものや、既に印刷済みのものにあっては、引き続き「平成31年度」を用いる場合があります。

「平成」が表示された文書などの効力について

市が作成した文書において、改元日以降、「平成」の表示が残っていても有効です。
また、市民の皆さんが市へ提出する申請書や届出書については、改元後において「平成」の日付を表示した場合でも、有効なものとして受け付けます。西暦についても同様です。

関連情報

総務省ホームページ「『元号を改める政令等について』の発出について(外部リンク)」

この情報の問い合わせ先

担当 総務課 行政係
電話 0996‐73‐1210
FAX 0996‐72‐2029