○阿久根市市民憩の森の設置及び管理に関する条例

昭和59年6月29日

条例第17号

(設置)

第1条 市民に森林を利用したレクリエーションの場を提供することにより,市民の保健及び休養並びに森林の造成,緑化の推進,自然環境の保全等に関する知識の向上,森林愛護思想の高揚に資するため,阿久根市市民憩の森(以下「憩の森」という。)を設置する。

(位置及び区域)

第2条 憩の森は,阿久根市鶴川内に置く。

2 憩の森の区域は,市長が告示をもって定める。その区域を変更するときも同様とする。

(行為の禁止)

第3条 憩の森においては,次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設又は設備をき損し,又は汚損すること。

(2) 土地の形状を変更し,又は土石を採取すること。

(3) 木竹を損傷し,又は伐採すること。

(4) 指定された場所以外の場所にごみその他の汚物を捨て,又は放置すること。

(5) 展望所,休憩所等をほしいままに占拠し,その他憩の森の利用者に著しく迷惑をかけること。

(行為の制止及び原状回復命令等)

第4条 市長は,前条各号に掲げる行為を行った者に対し,当該行為を制止し,憩の森の管理のため必要な限度において原状回復を命令し,又は憩の森からの退去を命令することができる。

(使用の許可等)

第5条 憩の森の総合案内施設(以下「総合案内施設」という。)を使用しようとする者は,市長の許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が,使用許可の内容を変更しようとするときも同様とする。

2 市長は,憩の森の管理上必要と認めるときは,使用許可に条件を付けることができる。

(利用の制限及び取消し等)

第6条 市長は,次に掲げる場合は,使用許可の全部若しくは一部を取り消し,又は施設の使用を中止させることができる。

(1) 使用者が使用許可の条件に違反した場合

(2) 使用者がこの条例に違反すると認められた場合

(3) 公益上,又は総合案内施設の管理上支障があると認められる場合

2 前項の規定により,市長が使用許可の全部若しくは一部を取り消し,又は施設の使用を中止させた場合において,使用者に損害が生じても,市は,その賠償の責めを負わないものとする。ただし,前項第3号に該当することによりこれらの処分がなされた場合は,この限りでない。

(使用料)

第7条 総合案内施設の使用料は,無料とする。

(損害賠償義務)

第8条 憩の森の利用者は,施設又は設備をき損し,又は滅失したときは,それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(管理の委託)

第9条 市長は,総合案内施設の管理を公共的団体に委託することができる。

2 市長は,総合案内施設の管理を委託するに当たっては,使用の目的,範囲,期間その他必要な条件を付けることができる。

3 委託を受けた公共的団体は,誠実に管理し,総合案内施設を利用しようとする者に対して善良,適切な取り扱いをするものとする。

(規則への委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

阿久根市市民憩の森の設置及び管理に関する条例

昭和59年6月29日 条例第17号

(昭和59年6月29日施行)