○阿久根市物産品販路拡大等事業補助金交付要綱

平成27年3月31日

告示第30号

(趣旨)

第1条 この要綱は,農林水産業者若しくは中小企業者又は農林水産業者若しくは中小企業者の組織する団体が商談会,展示会又は物産展等(以下「商談会等」という。)へ出展する際に要する経費に対し,予算の範囲内において補助金を交付することについて,阿久根市補助金等交付規則(平成19年阿久根市規則第13号)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付対象者等)

第2条 補助金の交付対象者は,市内の農林水産業者若しくは中小企業者又は農林水産業者若しくは中小企業者の組織する団体(以下「交付対象者」という。)とする。

2 補助金の補助対象商談会等区分,補助対象経費,補助金の額及び限度額は,次の表に定めるとおりとする。

補助対象商談会等区分

補助対象経費

補助金の額

限度額

販売を主な目的とする物産展又は販売会等

出展に要する経費(ただし,売上げに係る販売手数料を除く。)

補助対象経費の2分の1以内の額

県内 1日につき8,000円を乗じて得た額とし,40,000円を上限とする。

県外 40,000円

販売を主な目的としない商談会又は展示会等

出展に要する経費

補助対象経費の2分の1以内の額


3 前項の規定により算出した補助金の額に千円未満の端数があるときは,これを切り捨てるものとする。

(他補助事業の場合の補助金)

第2条の2 交付対象者が国又は県の補助事業によって商談会等への出展を行う場合には,前条の規定にかかわらず,同条の規定により算定した補助金(以下「市補助金」という。)の額から国又は県の補助事業による補助金(以下「国県補助金」という。)の額を減じて得た額(当該額に千円未満の端数があるときは,これを切り捨てた額)を補助金の額とする。ただし,国県補助金の額が市補助金の額を上回る場合は,補助金は交付しない。

(その他)

第3条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成27年4月1日から施行する。

阿久根市物産品販路拡大等事業補助金交付要綱

平成27年3月31日 告示第30号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 業/第1章 商工・観光/第1節
沿革情報
平成27年3月31日 告示第30号