更新日:2018年11月12日

電源立地地域対策交付金

発電用施設の設置および運転の円滑化を図るために、「電源開発促進税法」「特別会計に関する法律」「発電用施設周辺地域整備法」に基づいた交付金などの制度の中で、公共用施設整備などの住民の利便性向上のための事業や地域の活性化を目的とした事業を支援する「電源立地地域対策交付金」が国から交付されます。詳しくは、電源立地制度の概要[PDF:11.4MB]をご確認ください。

電源立地地域対策交付金を活用した事業の公表

各年度に実施した交付金事業の概要および事業評価個表を公表します。

平成28年度電源立地地域対策交付金を活用した事業

市では、平成28年度電源立地地域対策交付金を「番所丘公園」「図書館および郷土資料館」「葬斎場」「みなみ保育園」の各事業に活用し、施設の適切な維持管理や環境美化などに取り組んでいます。この安定的な管理運営の取り組みにより、地域住民の福祉の向上が期待されます。

平成29年度電源立地地域対策交付金を活用した事業

市では、平成29年度電源立地地域対策交付金を活用し、「阿久根中学校テニスコート改修工事」「大川中学校17号棟屋根防水改修工事」「市道妻井田線舗装工事」「市道3‐5‐7線舗装工事」を実施しました。この整備により、学校施設では生徒が安全に安心して授業や部活動に取り組めることとなり、教育環境の向上が期待されます。

また、市道2路線の舗装改修工事は、通行の安全が確保され、円滑な通行および生活利便性の向上、地域住民の福祉の向上が期待されます。

さらに、「番所丘公園」「図書館および郷土資料館」「葬斎場」「みなみ保育園」の各事業に活用し、施設の適切な維持管理や環境美化などに取り組んでいます。この安定的な管理運営の取り組みにより、地域住民の福祉の向上が期待されます。

この情報の問い合わせ先

担当 企画調整課 企画調整係
電話 0996‐73‐1214
FAX 0996‐72‐2029