更新日:2017年11月1日

阿久根市民交流センター

現市民会館の概要

開館 1966年(昭和41年)3月
総工費 約1億1千万円
延面積 2,861平方メートル
大ホール 590席(固定290席、移動いす300席)
舞台 間口20メートル、奥行き10メートル、高さ6.5メートル
付属室 映写室、放送室など。会議室10室
事業形態 主に貸館事業
利用人数 年間約4万人
維持費 年間約1,200万円(管理運営費、修繕費)

整備の目的と基本理念

すすんで教養を高め文化のまちを創る」阿久根市の定める市民憲章の一節にあるものです。今回整備を図るホール・研修機能を備えた市民交流センターは、この理想を具現化するための必要不可欠な施設であり、市民が自由に利用できる創作文芸活動・生涯学習および各種伝統芸能継承の拠点となるものです。

現市民会館が開館したのは昭和41年。以後約50年の長きにわたり市民の文化活動を支えてまいりました。しかし、経年に伴い市民ホール機能は時代の変化に追いつかなくなり、また、設備の不具合や耐震強度不足をはじめとした老朽化などにより、阿久根市の文化振興のための施設整備が急務となっていました。今、新しい時代に向けて広く文化を吸収・創出する拠点としての建設が強く望まれていること、また、65歳以上の高齢者の割合が増加することを考慮し、新会館の建設を図ることとしました。

市民交流センター建設に係るこれまでの流れ

平成21年2月 阿久根市民会館建設基本構想および基本計画策定
平成24年8月 阿久根市民交流センター(仮称)の建設に関して、市民などの意見を反映させ事業実施の円滑化を図るため、阿久根市民交流センター建設委員会を設置
平成24年10月5日 第1回建設委員会開催
・これまでの経緯と基本構想および基本計画の概要などの説明
平成24年11月2日 第2回建設委員会開催
・建設場所、施設の内容などの検討
平成24年11月28日 第3回建設委員会開催
・建設場所、施設の内容などの検討
平成24年12月21日 第4回建設委員会開催
・施設の内容などの検討
平成25年2月1日 第5回建設委員会開催
・視察研修の報告と施設の内容などの検討
平成25年3月22日 第6回建設委員会開催
・建設方針についての検討
平成25年5月17日 第7回建設委員会開催
・市民交流センター(仮称)、新図書館の建設方針の検討
平成25年6月3日 第8回建設委員会開催
・新図書館の建設方針の検討。市民交流センター(仮称)の設計業務の入札方針の検討
平成25年6月21日 第9回建設委員会開催
・設計業務の入札手続き(スケジュール)の検討
平成25年8月 阿久根市民交流センター(仮称)建設方針策定、公募型設計プロポーザルの開始を公告
平成25年9月 プロポーザルの一次審査(書類審査)
・技術提案書の内容に基づき20社から6社を選定
平成25年11月 プロポーザルの二次審査(プレゼンテーション実施)
有限会社ナスカ(東京都新宿区戸山3‐15‐1)を選定
平成25年12月 阿久根市民交流センターおよび市立図書館の設計業務について、利用者となる市民の意見を伺い、よりよい施設づくりをおこなうため、阿久根市民交流センター等設計業務市民ワークショップを設置
平成26年1月21日 第10回建設委員会開催
・これまでの経緯と技術提案書などの説明
平成26年1月21日 第1回市民ワークショップ開催
・これまでの経緯とナスカの作品紹介など
平成26年2月16日 第2回市民ワークショップ開催
・ホールの使い方やどんな場所としたいかのグループ討論など
平成26年3月16日 第3回市民ワークショップ開催
・市民交流センターに期待することのグループ討論など
平成26年4月25日 第4回市民ワークショップ開催
・施設全体の使い方、場所、イメージなどグループ討論
平成26年5月25日 第5回市民ワークショップ開催
・市民交流センターに期待することの整理。設計への反映を説明
平成26年6月22日 第6回市民ワークショップ、第11回建設委員会同時開催
・市民ワークショップのまとめ。基本設計内容の説明
平成26年8月 阿久根市民交流センター等基本設計に関する住民説明会を開催
平成26年11月25日 第7回市民ワークショップ、第12回建設委員会同時開催
・これまでの検討を踏まえた平面図の変更点の説明
・管理運営計画についての説明


東日本の震災復興による技能労働者不足からくる労務費単価の上昇、資材などの価格の高騰、国の補助金の削減による市の財政への懸念から、設計の見直しに着手。
平成27年9月3日 第8回市民ワークショップ、第13回建設委員会同時開催
・これまでの経過と今後の考え方の説明
平成27年12月16日 第9回市民ワークショップ、第14回建設委員会同時開催
・これまでの経過と今後の方針の説明
平成28年1月14日 阿久根市議会への説明
・これまでの経過と今後の方針の説明
・見直した設計内容について説明
平成28年1月 阿久根市民交流センター等基本設計案について住民説明会を開催
平成28年3月25日 阿久根市議会への説明
・これまでの経過と今後の方針の説明
・見直した設計内容について説明
平成28年6月 市民交流センター実施設計完成
平成28年7月11日 第10回市民ワークショップ、第15回建設委員会同時開催
・市民交流センター実施設計の内容説明
平成28年10月7日 第11回市民ワークショップ、第16回建設委員会同時開催
・市立図書館実施設計の内容説明
・市民ワークショップおよび建設委員会の解散の承認
平成29年2月13日 平成29年第1回臨時市議会において、市民交流センター建設工事契約案件議案可決
平成29年2月20日 市民交流センター建設工事着手

市民交流センターの概要

床面積 3,229平方メートル
ホール席数 541席(バルコニー席含む)
交流室兼会議室 5室
施工者 本体工事:阿久根・タイセイ・前田特定建設工事共同企業体
舞台設備工事:株式会社サンケン・エンジニアリング(福岡市)

平面図

市民交流センターの平面図の画像

外観イメージ

市民交流センターの外観の画像

ホールイメージ

市民交流センターのホールの画像

この情報の問い合わせ先

担当 教育委員会 教育総務課
電話 0996‐73‐1257
FAX 0996‐72‐0125