更新日:2019年6月3日

再生可能エネルギー

阿久根桑原城太陽光発電所

市では、株式会社大林クリーンエナジーと鶴川内地区の桑原城工業団地内において、太陽光発電施設(メガソーラー)設置に関する協定を締結しています。
期間は、平成24年度から平成44年度の20年間で、年間約2.8メガワット(一般家庭で一年間に使用する電気量約780戸分に相当)を発電する見込みです。
阿久根桑原城太陽光発電所「本日の発電状況」(外部サイト)から本日の発電量などが確認できますので、ご覧ください。

再生可能エネルギービジョン

市では、阿久根に住む人々が、将来にわたって笑顔で健やかに自分らしい生活を送りつつ、本市に存する地域資源を最大限利活用し、エネルギーの地産地消による地域内で持続可能な自立循環型社会の構築を目指すため、平成28年度に阿久根市再生可能エネルギービジョンを策定しました。

再生可能エネルギーなどエネルギー構造高度化等に資する調査・研究事業

「阿久根市再生可能エネルギービジョン」に掲げた、地域内でのエネルギー自給率向上を促進させていくことを目的として、ビジョンのロードマップに定めた重点プロジェクト6項目について、平成29年度に事業可能性調査(FS調査)を実施しました。

平成26年度再生可能エネルギー等導入推進基金事業(グリーンニューディール基金事業)における売電収入管理基金事業状況報告

再生可能エネルギーなどの地域資源を活用し「災害に強く、低炭素な地域づくり」を推進するため、地域の避難所や防災拠点などに再生可能エネルギーなどの導入を支援する事業として、平成26年度に西目地区集会施設に太陽光発電設備を設置しました。太陽光発電設備により生じた売電収入を管理するため、基金を造成していますので、その基金事業状況について公表します。

平成30年度売電収入管理基金事業状況報告書[PDF:54KB]

この情報の問い合わせ先

担当 企画調整課 企画調整係
電話 0996‐73‐1214
FAX 0996‐72‐2029