更新日:2019年3月19日

社会資本総合整備計画および都市再生整備計画

市では、阿久根市「うみ・まち・にぎわい」再生整備基本計画に基づき、中心市街地地区において、道路整備や市民交流センターなどの整備をおこなうため、平成26年度から平成30年度までの5年間を計画期間とする社会資本総合整備計画(阿久根中心市街地地区)および都市再生整備計画(阿久根中心市街地地区)を策定しました。

事後評価結果の公表

事後評価の目的

事後評価は、都市再生整備計画事業がもたらした成果などを客観的に評価・分析し、今後のまちづくりのあり方を検討することや事業の成果などを市民の皆さまに分かりやすく説明することを目的としています。

事後評価の時期

事後評価は、都市再生整備計画事業の最終年度または終了後に実施します。ただし、事後評価を実施する際に計測できない数値指標は、見込みの値を用いて評価をおこない、翌年度以降にフォローアップを実施します。

事後評価の内容

事後評価は、次の内容について成果などを確認し、評価を実施します。

まちづくりの目標達成状況などの確認
まちづくりの目標の達成状況および実施過程の検証をおこないます。
今後のまちづくり方策の検討
効果発現要因を整理して、今後のまちづくり方策を検討します。
評価結果のチェック
事後評価の合理性、客観性を担保するために、事後評価原案を公表して意見を募集するとともに、第三者により構成される事後評価委員会を開催し、事後評価全般にわたる評価の適切さについて確認します。

事後評価資料

阿久根中心市街地地区(平成26年度~平成30年度)

事後評価シート(阿久根中心市街地地区)[PDF:374KB]

この情報の問い合わせ先

担当 企画調整課 企画調整係
電話 0996‐73‐1214
FAX 0996‐72‐2029