更新日:2019年10月7日

サンセット牛之浜景勝地「道の駅」全体構想

市では、市の南部、南九州西回り自動車道大川インターチェンジ(仮称)に近接する位置を計画地として新たな道の駅整備事業を推進しています。

サンセット牛之浜景勝地の位置図

道の駅とは

国の登録制度である道の駅とは、安全で快適に道路を利用するための道路交通環境の提供、地域のにぎわい創出を目的とした施設で、「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」としての活用が期待されています。
道の駅は3つの機能を備えており、24時間無料で利用できる駐車場、トイレなどの「休憩機能」、道路情報、観光情報、緊急医療情報などの「情報発信機能」、文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設で地域と交流を図る「地域連携機能」があります。
また、駅ごとに地方の特色や個性を表現し、文化などの情報発信やさまざまなイベントを開催することで利用者が楽しめるサービスも提供しています。

全体構想について

計画している道の駅は、従来の「休憩機能」「情報発信機能」「地域連携機能」プラス「防災機能」を基盤に、市の個性や特性を生かした地域の拠点としての整備を目指しており、令和元年7月に「サンセット牛之浜景勝地『道の駅』全体構想」を策定しました。この全体構想の具体的計画については、今後策定する「基本計画」の中で、さらに検討していく予定です。
なお、本道の駅は、阿久根市、薩摩川内市、長島町の2市1町において連携して進めており、広域交流拠点としての位置づけで取り組んでいます。

※ 「道の駅」の名称は、国土交通省に対して登録申請を行い、登録が認められて正式に決定されるものです。したがって、現段階で「サンセット牛之浜景勝地」の名称は仮称です。

この情報の問い合わせ先

担当 都市建設課 都市計画係
電話 0996‐73‐1196
FAX 0996‐72‐2029